『おじさん始めました』

40歳を目前に高血圧、腰、首、の違和感を覚え始めた独身おじさんの健康改善体験記ブログ!

高血圧おじさん日記㉗(上148 下105)

『甲類と乙類と今日も乙』の巻。

どうもこんばんは。

高血圧おじさんです。

ぶっちゃけ毎日毎日ブログを更新していますが、そんな面白い事もあるわけでもなく、なんとなく日々の出来事を綴るだけになっています。

 

『朝起きて、仕事行って、帰ってきたよ』

 

そんな毎日なんやで?

 

そんな平々凡々な毎日の中でも、何かあればブログのネタになると思う様になる始末。その前提で今回はコレを記事にします。

 

f:id:Kinburisu:20180830200348j:plain

安っすい焼酎やで!

関西圏の皆様にはお馴染みの「オークワ」と言うスーパーで販売されている安焼酎です。安く飲みたい時は、こいつに手を出します。そして今日は安く飲みたい時でした。

 

焼酎と言っても、それは凄い種類があります。

 

「お酒なんてなんでも飲めたら良い」

 

割と冒涜気味な考えの僕としては、安いお酒で良い感じに酔えたらそれで良いと思っています。で、画像の焼酎になるわけですが、よ~く見て下さい。

 

『焼酎甲類』

 

と記載されていますよね?

甲類があるなら乙類もあるんじゃないの?

と思って調べたらありました。

と言うか、お酒を嗜まれる方には常識なのかもしれません。

どんなに数多くの焼酎があっても『甲類』と『乙類』の2種類で成り立っていると思えば、簡単なものです(錯乱)

 

では何が甲乙違うのかと言うのを調べて見ました。

詳しく書くと面倒…もとい長文になるので簡潔に書きます。

ご存知の方は鼻で笑って下さいね。

僕はよく知りませんでした(笑)

要するに。

 

新しい製造方法で作られた物が『甲類』

 

従来の製造方法で作られた物が『乙類』

 

と言う区別がされているんですって。

じゃあ新しい製造方法って何なのさ?

って思うでしょう。

なんでも『連続式蒸留機で蒸留』しているのを甲類と呼ぶらしいです。

詳しい事はググれ(笑)

個人的な分け方は、甲類はジュースやサワー系(ライムやレモン)の原液と割って飲む物で、乙類はお湯割りや、そのままでロックで飲んで味を楽しむ物。と考えています。

 

まぁ焼酎なんて飲み方も楽しみ方も人それぞれなので、あくまで僕の考え、捉え方なので、違う違うそうじゃ、そうじゃなーい!と思っても堪えて下さい。

f:id:Kinburisu:20180830202805j:plain

なんか横に並んでいたから買ってみた。

これが甲類の焼酎と混ぜる事で、ある時はグレープフルーツ。またある時はレモン等の味に変化すると言う優れ物です。

同じ棚に陳列されている辺り、ほぼ一緒に購入する物なんだと思いました。

甲類の焼酎を片手にこの記事も作成中なのですが、安く、それでいて色々な味を楽しみたい方は甲類焼酎、購入してみてはいかがでしょうか!

 

では今回はここまで。

最後までお読み頂き有難うございました。