『おじさん始めました』

40歳を目前に高血圧、腰、首、の違和感を覚え始めた独身おじさんの健康改善体験記ブログ!

お菓子の詰め合わせ(税込)102円。

どうも、おじさんです。

血圧が気になるばかりに色々と節制している毎日なのですが、先日近所のスーパー「オークワ(関西圏)」へと買い物に行った際に気になる物を見かけました。

 

それがコチラ。

f:id:Kinburisu:20180925201141j:plain

お好みセット~♪

衝動買いです。
だって税込み102円だったし。

お菓子食べたかったし。

 

そんな訳で、沢山お菓子が封入されている詰め合わせを開封していきます。

いざ!開封の儀を執り行う!!

そして徐に並べてみる!

f:id:Kinburisu:20180925201500j:plain

全6種類…だとっ!?

これはお買い得。

左上から

 

「もろこし輪太郎」「キャベツ太郎」「フライドポテト」「餅太郎」「ふ~棒さん太郎」「Big カツ(ミニ)」

 

のラインナップ。

メジャー処を抑えています。

中にはおじさんの見知らないお菓子もありますが、巷では昔からあるのでしょう。

気になるのは全6種類の内、4種類が「Name」持ちです。

漫画やアニメで言えば「No(ナンバー)」持ちと言う感じでしょうか。

 

圧倒的太郎率っ!!

 

太郎が多い!次郎も三郎でもなく太郎!

お菓子界の長男感がビンビンしてくるぜぇ…。

そんな圧倒的太郎にこちらも身を正し、挑まなければなりません。

いざ!尋常に!食すとは、生きる事と見つけたりっ!!

1袋目、勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925203247j:plain

とっとこ餅太郎!君に決めたっ!!(ヘケ!)
なかなかカジュアルに着こなしたアメリカンなビジュアルBOY。

こいつが『餅太郎』…。

まったく…パックマンみたいなつぶらな瞳をしやがって…。

では開封

f:id:Kinburisu:20180925203750j:plain

どこかで見覚えのある形と味!

塩味がしっかりと効いていて、ついつい食べる事が止めれなくなる奴です。

美味いっ!

ではどんどん開封して行きましょう。

 

2袋目、勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925204803j:plain

どこかで見覚えのある形と味!

しかも正面からの写真を撮るの忘れてるし(笑)

これもどこかで確実に食べた味です。

そして、これも塩味で食べる事が止まらなくなる系の奴でした。

良い感じに口の中が塩で満たされてきています。

そろそろ違う味に手を出したいところです!

 

3袋目、勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925205121j:plain

若干どこかで見覚えのある形と味!

食感としては柔らかい「カール」なのかな?

でもフワっとした食感と、結構強く感じるとうもろこしの味と風味。

めっちゃ美味しいです。

ガリガリと噛み砕くよりも、口の中で唾液で『ジュッ!』と溶かして飲み込むんで食べる方法が結構ハマりました。

甘みのある塩味。

f:id:Kinburisu:20180925212231j:plain

いよいよ口の中の水分が減ってきました。

普通のお水で一度リセットしておきましょう。

 

4袋目、勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925210714j:plain

お前がナンバー1だ!

キャベロットっ…!!

言う事なしの味です!

やや歯ごたえのある触感に、強めの醤油の味に海苔のアクセント。

子供から大人まで夢中になる事間違いなし!

これが子供の頃からずーーっと販売されている理由も納得です。

単純に美味しいのですから。

いやー堪能しました。

結局塩味系なんだけどね!

f:id:Kinburisu:20180925212131j:plain

 いよいよ終盤戦になってきました。

油断せずにいきましょう。

 

5袋目、勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925212613j:plain

キターーーーーっ!!

Big Katsu!!

意味もなく文字もBigにしてみました!

文字の大きさは意味が無くても、味の意味は大いにある!!

なんと言ってもその名に恥じない「カツ感」

トンカツって嫌いな人っていないでしょ?

え?私は嫌いですって?

 

オクラでも食ってろ。

f:id:Kinburisu:20180925214723j:plain

これはミニサイズのビッグカツですが、おじさんの慣れ親しんだカツは当時30円でこの2倍以上の長さと、もう少し厚みのあるカツだった記憶があります。

小学生時代、当時の土曜日は半日授業でした。

お昼に帰宅するとテーブルの上に母親が作ってくれた食事と、その横に置かれている100円玉。子供の頃の毎週の楽しみであり、自分の好きなお菓子を買う日でもあったんです。

 

当時はビッグカツ1枚とビックリマンチョコ2個と、5円チョコ2個できっかり100円を使い切っていました。

時々20円のカードダス5回連続で散財したりもしていましたが、良い思い出です(笑)

 

そんなカツですが、以前テレビでも紹介されていた様に、スケトウダラ等の魚を原料に、パリっと揚げて、あのやたら美味しいソースを塗っています。

これマヨネーズや、カラシを塗って食べても美味しいので、是非試して頂きたいです。

 

さて、ここまでは全て塩味系。

甘みの無い、い言わば大人の社交界

ですが、最後の最後に甘美と言う名の黒い宝石を持ってきます。

 

6袋目、最終戦!勝負っ!

f:id:Kinburisu:20180925214812j:plain

君の名は。

全く記憶にありません。

どう見ても「ふ菓子」だったので最後に持ってきましたが、これ写真を撮ってから気づいた事があります。

 

君の名は『ふ~棒さん太郎』なのか『ふ~棒太郎さん』なのか。

 

そして見れば見る程、脳裏をよぎるサンリオの某◯ーぼーさん。大人の事情を見て見ぬフリをするのもまた、大人です。その件は一切語らない様にしておきましょう…。

 ではその味なのですが、見事にふ菓子(笑)

感想を言わせて頂くと『中身が詰まっていない軽い甘さのふ菓子』と言うところでしょうか。

f:id:Kinburisu:20180925215914j:plain

良く高齢者の方が購入される、硬いふ菓子とは真逆の柔らかさです。

きっとターゲット層が子供なので、ある程度安く提供出来る様にスカスカにしているんでしょう。でもそのスカスカ感のおかげか、甘さもスッキリとして美味しいのです。

子供向きの柔らかさと、甘さですね。

塩加減の効いた5袋の後の、最後に持ってきた甘さが身体に染み渡りました。

 

これだけ入って税込み102円!!

他の他府県でも販売しているのかな?

見かけたら是非購入してみて下さい。

 

ちなみに6袋の合計カロリーは…。

 

では次回の記事でまたお会い致しましょう。

今回はここまで。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。